ルンデ第17回公演
佐野功枝 テナーサクソフォンリサイタル



開催日程

2022/10/22()


対象座席

前売り一般
(4000円相当)


予約可能な日程

2022/10/22()

開場13:30
開催時間14:00 ~16:00
予約締切2022/10/22()14:00

同伴を含む予約可能人数

Premium2


発生する料金

サブスクで予約可能

「予約可能な日程」に記載のあるプランに加入が必要です。
予約時に追加料金は発生しません。


イベントの紹介

2022年 10月 22日 (土)
14時00分 開演(13時30分 開場)全席自由席
会場:Halle Runde(名古屋市昭和区桜山)

一般財団法人ルンデが新設した室内楽ホール【Halle Runde】
オープニングシリーズ公演となります。
かつて丸の内にあったstudio RUNDEとゆかりのあった演奏者、
そして新たに立ち上がったルンデと共に歩んできた演奏者が出演いたします。
敷居の高く思われがちな室内楽を身近に、気軽に楽しめるような空間を
最大200席の室内楽に特化したホールでぜひお楽しみください。

>Message-------------------------
憧れ、は止まない。

テナーサクソフォンを演奏する時、いつも頭の片隅と、喉の奥と耳と心、いや、全身に「弦楽器のように奏でたい」という、願望とも欲望ともつかぬ想いがうごめいている。
そもそも、管楽器と弦楽器では発音構造が全く違う。故に、永遠に憧れたまま、なのかもしれない。
それでも、私の飽くなき想いは憧れを追い求め続けるだろう。
何世紀も、何世代も世の音楽家が奏でた弦楽器の名曲をテナーサクソフォンで挑戦する。
今年も、憧れ、は止まない。

>Program-------------------------
カタルーニャ民謡/編曲:P.カザルス
鳥の歌

ゾルターン・コーダイ
アダージョ

J.S.バッハ/編曲:雲井雅人
ヴィオラ・ダ・ガンバ・ソナタ 第3番ト短調 BWV1029

ジャン=バティスト・サンジュレー
アダージョとロンド Op.63

セザール・フランク
ヴァイオリン・ソナタ イ短調

>アーティスト紹介-----------------------------------
佐野功枝(テナーサクソフォン)
/ Noire Sano, Tenor Saxophone
 静岡県富士宮市出身。愛知県立芸術大学音楽学部器楽科卒業。
 第7回「静岡の名手たち」オーディション合格。2005年よりソロ及び所属するアリオンサクソフォンカルテットのリサイタルを全国各地で開催。また、ソリストとしてセントラル愛知交響楽団と共演。これまでに2枚のソロアルバム「Fairy Tale」「illumination」をリリース。
 江原大介氏、日下部進治氏、北浦恒人氏、山里佐和子氏、ただすけ氏など、作曲家への委嘱をライフワークとしており、その多くがフォスターミュージックより出版されている。
 吹奏楽研究のため2009年より、アメリカで開催されるMidwest Clinic(シカゴ)、CBDNA(全米吹奏楽指導者会議)に参加。
 サクソフォンを池田崇明、中嶋英乃、雲井雅人の各氏に、室内楽を菅原眸、中川良平、村田四郎の各氏に師事。
 名古屋アカデミックウインズ代表。アリオンサクソフォンカルテット及び一宮市消防音楽隊テナーサクソフォン奏者。Unita della sax、静岡ドゥーズ・サックス、小江戸ウインドオーケストラ各メンバー。
 現代邦楽みさと笛三級師範。
 金城学院大学及び名古屋音楽大学非常勤講師。

高橋宣江(ピアノ)
/ Norie Takahashi, Piano
 愛知県立明和高等学校音楽科、愛知県立芸術大学音楽部器楽科卒業。ドイツ国立トロッシンゲン音楽大学でピアノソリスト科、歌曲伴奏科を首席で卒業。ドイツ国家演奏家資格取得。
 在学中よりピアノソロリサイタルの他、数々のリーダーアーベントをフランクフルト歌劇場、キール歌劇場、カッセル歌劇場(ドイツ)、ケルクラーデ(オランダ)などで行う。
 また現代音楽の演奏家としても活躍し、ルイジ・ノノの作品《sofferte onde serene ピアノと電子音楽のための作品》、クラウス・フーバーの作品《時間の息吹》を80歳記念演奏会で演奏する。ウィルヘルム・カイザーリンデマンの作品でキールフィルハーモニーのピアノパートを務める。
 2016年にはドイツ·フォルマスハウゼンにてロッシーニ《小荘厳ミサ》でのピアノ演奏が好評を博し、2017年ドイツ·エシュヴェーゲで同じく小荘厳ミサのピアノ奏者として招待される。現在は名古屋を中心に室内楽をはじめ、多くの声楽家の伴奏者として演奏活動の傍ら後進の指導にもあたっている。2018年ソロリサイタルを開催。


イベント当日の流れ

Sonoligo会員様の受付は、開場時間から当日券販売カウンターにて行います。登録画面をスタッフにお見せ下さい。途中入場は曲間のみとさせていただきます。
尚、会場駐車場は出演者関係者用ですので近くの有料駐車場に停めるか公共交通機関でお越しください。


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


施設

Halle Runde

日本、〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区桜山町1丁目21


主催

2017年10月19日一般財団法人ルンデを設立いたしました。前身である《Studio RUNDE》は、1981年5月、当時の日本では珍しかった《室内楽専用小ホール》として名古屋丸の内でスタートし、通常160席最大でも200席というステージと客席の一体感を味わえるこのホールでは、演奏家が「今、聴かせたい音楽を」というプログラムづくり、それに果敢に挑戦する聴衆という独特な雰囲気をもった、主催公演「ルンデの会例会」は1200回以上催され大変好評を得ていましたが、2007年夏、多くの方々から惜しまれ建物の取り壊しとともに姿を消し、人々の記憶に残るのみとなってしまいました。
名古屋では主催公演を行うホールは減り、室内楽を楽しめる機会も減ってきている中、日本国内に目をむけてみれば海外の演奏家は数多く来日していますし、 日本人演奏家も精力的に演奏会を重ねています。個人的に演奏を聴く機会をもっと名古屋で増やしたい、ルンデのようなホールがあればとずっと想っていました。そんな折、ルンデ主宰の鈴木詢氏より企画・運営をしているコンサートの今後について相談があり対話を重ねていくと新しい「ルンデ」が自分達のやり方で再現できるのではないかという「想い」が「望み」に変わりました。
かつての「ルンデの会」および「ルンデあしながクラブ」の理念、活動を引き継ぎ、コンサート・演奏会の主催・後援、演奏家の支援、音楽を生涯学習の一環として活動している団体への支援を柱とし、文化および芸術の振興を目的とした活動していきます。
第一段階として室内楽専用ホールの建設を目標に、皆様からのご寄付を中心に活動していきますので、ご協力お願いいたします。


出演者


共有する


この出演者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示

類似のイベント