浅原ルミ子 Rumiko Asahara

English speaker「身近な本格派」「日本一アマチュアを理解するプロ」がモットーのフリーランスクラリネット奏者
  • フォロワー 20
171225 55
浅原ルミ子 Rumiko Asahara
English speaker「身近な本格派」「日本一アマチュアを理解するプロ」がモットーのフリーランスクラリネット奏者
神奈川県 動画を見る
About me

English version is below.
 “音楽で実社会に生き、音楽で実社会を活かす”
 聴衆との音楽を通したコミュニケーションを、多彩で的確な表現と、オランダの明るい音色によって実現することを目指すクラリネット奏者。また、講師としては、自身のアマチュア経験を生かし、より多くの方の幸せで息の長い音楽活動の手助けをすることがミッション。モットーは「身近な本格派」「日本一アマチュアを理解するプロ」。

 秋田県羽後町出身。旧町立三輪中学校にて吹奏楽部入部をきっかけにクラリネットを始める。当初は嫌々参加していたが、「音楽は出来事や人の感情を表現できる」という事に気が付いて以降のめりこむ。県立湯沢高校に進学し、そこでも吹奏楽三昧。卒業後は就職のため神奈川県藤沢市へ。社会人とし て働きながら演奏活動を続ける。その間、伊藤正太郎氏に師事。アンサンブルコンテスト東関東大会出場、第2回クラリネットアンサンブルコンクール第3位およびパルテノン多摩賞(一般デュオ部門)。
 30歳を過ぎてから日本の吹奏楽および管楽器教育の変革の必要を感じ、プロ音楽家になることを決意。2014年に35歳でユトレヒト音楽院に入学。在学中には 学校推薦を受け、コンセルトヘボウにてブラームス作曲のクラリネット三重奏を演奏。さらにオランダの人気音楽番組 Podium Wittemanにも出演。2018年6月に卒業し完全帰国。
 クラリネットをCéleste Zewald、バスクラリネットをCécile Rongenの各女史に師事。室内楽におい ては主にMartyn van den Hoek, Joyce Tanの各氏に師事。これまでにマスタークラスをCharles Neidich、大島文子、Andrew Simon、Nicholas Cox、Karel Dohnalの各氏より受講の他、Herman Braune氏の薫陶も受ける。クラリネット教授法、グループレッスン法、教育学基礎も音楽院にて履修し修了。
 
 夫と猫と鳥と広島カープを愛し、ビールと珈琲と明治から昭和初期の近代建築に目がない。趣味はジョギングと料理と掃除。

 コンサートホールよりもホームコンサートや近代建築、教会でのコンサートが得意。ママサークルや児童館、図書館での演奏も大好き!神奈川県と地元・秋田県を中心に活動中。

 中学高校吹奏楽部、アマチュアのみなさんのためのクラリネットおよび室内楽レッスン、吹奏楽部顧問の先生方のスコアリーディング・部活運営のご相談、市民楽団運営のカウンセリングも行います。
ーーーーーーーーーーーー
Rumiko Asahara, born in Akita, a place in the northern part of Japan, started the clarinet at the age of 13 in a student wind orchestra of her junior high school and continued in high school orchestra as well.
After graduation from the school, she moved into Kanagawa prefecture, which is near the Tokyo area, to work as an office worker. However, she kept playing in amateur wind orchestras and participated in some competitions for amateur musicians. At this term, she had private lessons from Shotaro Ito, a former clarinet player of the Tokyo Philharmonic Orchestra.

After more than a decade, Rumiko made up her mind to become a professional player and to go to the Netherlands to study. During her study, her trio got prized by the conservatory and performed Brahms's clarinet trio op.114 at Concertgebouw, together with Camillo Cabassi (vc), and Peter Sulijs (pf) in 2018. They were invited to a Dutch TV program, Podium Witteman, and performed for its live show.
(https://www.npostart.nl/VPWON_1283723)(at around 0:30:00)

Rumiko graduated from the Utrecht Conservatory in June 2018 and went back to Japan. She is now active in the Kanagawa area as a clarinetist and educator.

Rumiko has an aspiration that she introduces and expands beautiful Dutch sounds of the clarinet to Japan, and changes its classical music scene to a much happier one. She also wants to work for young students
in wind orchestra in rural areas in her home country.

Rumiko studied with Céleste Zewald, about the bass clarinet under Cécile Rongen, and mainly had chamber music lessons from Martyn van den Hoek and Joyce Tan in the Utrecht conservatory. She has had master classes with Charles Neidich, Ayako Oshima, Andrew Simon, Nicholas Cox, and Karel Dohnal. The tutelage of Herman Braune also inspired Rumiko a lot.

演奏楽器
ジャンル
吹奏楽、室内楽、オーケストラでのクラリネット・バスクラリネットの演奏と指導クラリネットのみでなく、バスクラリネットでも演奏します。サンバやボッサ・ノヴァのバスクラリネット演奏
所属歴
2019/06 - 現在
ユトレヒト音楽院

クラシック音楽科クラリネット専攻

受賞歴
2019/06

シェアする
twitter
Facebook
LINE
メール
QRコード
https://www.sonoligo.com/rumikoclasahara
コピー
過去のイベント
%e4%bf%a3%e9%87%8e%e9%82%b8%e5%88%a5%e9%82%b8%e5%a4%8f%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a2019
08/12(月) 16:30・約60分俣野邸別邸・神奈川県横浜市
別邸入館料400
Cropped new chapel 2013121
12/24(月) 19:30日本ホーリネス教団茅ヶ崎教会 ・神奈川県茅ヶ崎市
入場無料
Event a4
12/15(土) 10:30

あなたにおすすめの人物・グループ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88 2019 03 23 22.02.08
Takeo Matsumoto
Flautist at Salon Concert Neue 愛知県 動画を見る
06c77143 bd96 4185 81fc 7277eb746609
Brillante
菊里高校から桐朋学園大学へ進学した若い音楽家のグループです 愛知県
%e4%bb%8a%e6%9d%91%e5%a5%88%e8%8f%9c
今村奈菜
saxophone&arrangement 愛知県
Kazumahata2
Kazuma Hata
  愛知県
3
Elysion Philharmonic Orchestra
九州初のゲーム・アニメ合奏団 佐賀県
1ae968bd c3a0 49c3 b818 c55afda4ec86
鳫 真佑子
  大阪府