Asuma Kawaharaサクソフォーンとピアノ、二足のわらじをはいて生活しています!
  • フォロワー24
イメージ画像
イメージ画像
Asuma Kawahara
サクソフォーンとピアノ、二足のわらじをはいて生活しています!三重県
自己紹介

三重県松阪市出身。幼少期よりピアノを、12歳よりサクソフォーンを始める。名古屋音楽大学卒業。在学中に定期演奏会、オーケストラとソリストたちの夕べ、卒業演奏会等の演奏会に出演。卒業時に雅亮会奨励賞を受賞、ヤマハ管楽器新人演奏会(名古屋)、読売中部新人演奏会、サクソフォーン協会主催の新人演奏会に推薦され出演。その後、東京音楽大学大学院修士課程にて研鑽を積む。大学院修了後、非常勤助手として同大学に一年間勤務。ソリストとして、セントラル愛知交響楽団、名古屋音楽大学オーケストラなどと協演を重ねる。また、アンサンブルピアニストとしての活動も行っており、特に管楽器との共演は多い。サクソフォーン、ピアノ・チェレスタ奏者として、セントラル愛知交響楽団、中部フィルハーモニー交響楽団などに客演奏者として参加。現在は東海地方を中心に演奏活動と平行し後進の指導にも精力的に行っており、特に中学校や高等学校のスクールバンドでのサクソフォーンパート及び合奏指導には定評がある。これまでにサクソフォーンを小串俊寿、亀井明良の各氏に、室内楽を小串俊寿、亀井明良、四戸世紀、安原理喜の各氏に師事。

演奏楽器
ジャンル
クラシック育ちですが、場合によっては他ジャンルも。
所属歴
- 現在
東京音楽大学大学院

器楽専攻管・打楽器研究領域(サクソフォーン)

- 現在
名古屋音楽大学

音楽学部音楽学科管楽コース(サクソフォーン)

シェアする
https://www.sonoligo.com/Asuma0210
コピー