写真をクリックして拡大

第60回 河文座

05/16 14:30 河文・愛知県名古屋市 当日5000

世界的に活躍する彫刻家、流 政之作の「流れ床の庭」を舞台に、邦楽、能楽などを鑑賞し、
河文の御馳走を堪能できる催事。
春の河文座は 恒例の名妓連(めいぎれん)での催しとなります。

昼・夜の2部制で行われる春の河文座。

【昼の部】観覧のみ 若手中心の演目となり、華やかな日舞を気軽に楽しみたい方にお薦めです。
日取り  2019年5月15日(水)、16日(木)

昼の部  14時30分開演(13時30分受付)~15時30分予定
御代    ¥5,000 (観覧料、イヤホンガイド、呈茶代、税金が含まれております。)


出演者

452330ddd80f91e6be80ad2c69fcc506
名妓連

場所

河文
400年続く、名古屋最古の料亭 河文 江戸時代は名古屋城築城のころ、“碁盤の目”が作られていく名古屋の街に、 清須越しで移り住んだ河内屋文左衛門(かわちやぶんざえもん)。 魚屋として創業し、後に尾張徳川にその目利きを認められ、仕出し、料理屋として歩みながら、歴史を紡いできました。 江戸から続く、市内で唯一の料理屋。名古屋で最も長い歴史を持ちます。 名鉄中興の祖・土川元夫の紹介から、近代建築の巨匠と呼ばれた谷口吉郎が中庭と「水鏡の間」を昭和四十六年に設計。その後、石の彫刻家・流政之が「床の間が水に浮いたような感じにすると良い」と庭の造作を手掛け舞台にも使える石の床の間が完成しました。庭の奥には、名古屋城築城の際に真南の目印として植えられた椎の古木がそびえ立ち、この真下で年に二度、日本舞踊や能、歌舞伎などの古典芸能を披露しております。 かつて名古屋の迎賓館として国内外の賓客をもてなしたように、現在も、料理屋という枠にとらわれず、新しい集いの場として文化を発信しています。 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目12−19

アルバム

イベントの盛り上がり・雰囲気が分かる写真を投稿しましょう。

あなたにおすすめのイベント

07/21 14:00 ・約120分 スタジオ ハル・愛知県名古屋市
前売り2000

クラシック 室内楽

二重奏の夜明け
07/18 19:00 ・約90分 HITOMI hall・
一般3500
07/28 19:00 ・約120分 名曲喫茶ミニヨン・東京都杉並区
愛知県名古屋市 05/16 start 14:30