400年続く、名古屋最古の料亭 河文
江戸時代は名古屋城築城のころ、“碁盤の目”が作られていく名古屋の街に、
清須越しで移り住んだ河内屋文左衛門(かわちやぶんざえもん)。
魚屋として創業し、後に尾張徳川にその目利きを認められ、仕出し、料理屋として歩みながら、歴史を紡いできました。
江戸から続く、市内で唯一の料理屋。名古屋で最も長い歴史を持ちます。
名鉄中興の祖・土川元夫の紹介から、近代建築の巨匠と呼ばれた谷口吉郎が中庭と「水鏡の間」を昭和四十六年に設計。その後、石の彫刻家・流政之が「床の間が水に浮いたような感じにすると良い」と庭の造作を手掛け舞台にも使える石の床の間が完成しました。庭の奥には、名古屋城築城の際に真南の目印として植えられた椎の古木がそびえ立ち、この真下で年に二度、日本舞踊や能、歌舞伎などの古典芸能を披露しております。

かつて名古屋の迎賓館として国内外の賓客をもてなしたように、現在も、料理屋という枠にとらわれず、新しい集いの場として文化を発信しています。

住所

〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内2丁目12−19

あなたにおすすめの場所

愛知県美術館
愛知県美術館は、1955年開館の愛知県文化会館美術館を前身とし、1992年、都市型の複合的な文化施設である愛知芸術文化センターの10階に新しく開館しました。以来、中部圏の中核的な美術館として、美術文化の新しい展開に積極的にかかわりながら活動し、発信する美術館を目指してきました。  愛知県美術館のコレクションは、クリムトやピカソなどを始めとする20世紀以降(国内では明治以降)の美術で、各年代・各地域の美術動向をたどるにふさわしく、また美術の現在を示していくことのできる優品を収集・保存・展示しています。  年に4回ほど開催する企画展では、収集方針にとどまらず視野を広げて、歴史に残る優れた美術からジャンルを超えた最新の動向を紹介する展覧会、国際的な大規模展からこの地域に密着したテーマによるものまで、様々に展開しています。  8階にあるギャラリーでは、美術団体主催の展覧会や全国的な公募展・グループ展の会場として、また、地域の人々の創作意欲を高める作品発表の場として利用されています。愛知県名古屋市
室内BBQ&親子cafe SUNNY GARDEN
こだわりのBBQ料理と40畳の室内に広がるアウトドア空間が自慢のアットホームな空間。 古民家を改装した隠れ家のような佇まい。 ​戸建なので靴を脱いで開放的に過ごせます。 室内にいながらも、アウトドアのワクワク感を感じて頂けます。 ​ ​特に小さなお子様連れのご家族様にも安心してお使い頂けるよう空間作りにこだわっています。 愛知県名古屋市
中村文化小劇場
中村公園内にある350席のホール。落ち着いた雰囲気のなか、音楽、演劇、舞踊を始め、日頃の練習成果の発表など、多目的にご利用いただけます。愛知県名古屋市