広島と長崎への原爆投下、20世紀以降の戦争が人類にもたらしたものを200mの「絵巻物」が訴えかけます。


美術館

地球・爆──10人の画家による大共作展

対象座席・チケット一般・1200

対象会員は月額料金のみでイベントに参加可能

他のイベントを見る

プランによる回数制限に達している場合を除きます。

日程および予約状況により人数は変動することがあります。

各プランにおいて予約可能かは予約状況により変動する可能性があります。


詳細

「地球・爆」は国内各地域で活躍する10人の画家──伊坂義夫、市川義一、大坪美穂、岡本信治郎、小堀令子、清水洋子、白井美穂、松本旻、山口啓介、王舒野──による絵画プロジェクトで、11組で合計約150点の絵画パネルで構成され、全長は200メートルを超えます。

 2001年に起こったアメリカでの同時多発テロ事件に呼応して岡本と伊坂が企画し、彼らの呼びかけに賛同した8人の画家が加わりました。構想図案から検討して「共作」する、というアイディアのもと、2003年に着手。全決定稿がそろったのが2007年9月で、そこから本画の制作が始まりました。2013年2月に完成していた第1番は、同年開催の「あいちトリエンナーレ2013」で紹介されました。

 最年長の岡本が、少年時代に衝撃を受けた1945年の東京大空襲や広島と長崎への原爆投下も含め、20世紀以降の戦争が人類にもたらしたものをテーマとする、この絵画プロジェクトでは、それぞれの画家が個性を生かして描き方に変化を与えつつも、全体としては、ユーモラスで乾いた形で、あたかも一つの「絵巻物」のように表現されています。

 史上最長級、の反・戦争絵画をこの機会に体験してください。

【出品作家】

伊坂義夫、市川義一、大坪美穂、岡本信治郎、小堀令子、清水洋子、白井美穂、松本旻、山口啓介、王舒野

[会期]
2019年11月1日(金)〜12月15日(日)

[会場]
愛知県美術館(愛知芸術文化センター10階)

[開館時間]
10:00〜18:00
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)

[休館日]
毎週月曜日(ただし11月4日[月・休]は開館)、11月5日(火)

作品キャプション

「地球・爆―Earth Attack」第1番より
PYTHAGORAS³(C)《鳥人間の眼・唇》
PYTHAGORAS³(B)《トンボの目》
PYTHAGORAS³(A)《☆三兵戦の花と散れ!PYTHAGORAS3の音楽的算術戦略》
2013年 アクリル、キャンバス 作家蔵

「地球・爆―Earth Attack」第2番より
伊坂義夫、岡本信治郎
《大昆虫時代》
アクリル、キャンバス 
作家蔵

「地球・爆―Earth Attack」第1番より
岡本信治郎
《ニュー・ゲルニカ、あるいは、モービイ・ディックのための頭部デッサン》
清水洋子
《刺草摘み・グアンタナモ》
2013年 アクリル、キャンバス 作家蔵


出演者


このイベントに
関する全ての写真


共有する

twitter
Facebook
LINE
メール
QRコード
https://www.sonoligo.com/events/2413
コピー

一般のチケット情報

一般:¥1200

※上記は「定価販売されているチケットの種類・価格」の情報です。
Sonoligo内でチケットの定価販売(プレイガイドでの購入のような形での販売)は行っておりません。
定価での購入方法は各イベント主催者のホームページ等でご確認ください。


SonoligoPremiumで楽しめるイチオシのイベント

191000hitomi%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%aba4t%e4%b8%89%e5%a5%b33 o
02/15(土) 11:00・約120分HITOMIホール・愛知県名古屋市
191000hitomi%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%aba4t%e4%b8%89%e5%a5%b33 o
02/15(土) 15:00・約120分HITOMIホール・愛知県名古屋市
191000hitomi%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%aba4t%e4%b8%89%e5%a5%b33 o
02/16(日) 11:00・約120分HITOMIホール・愛知県名古屋市
191000hitomi%e3%83%9b%e3%83%bc%e3%83%aba4t%e4%b8%89%e5%a5%b33 o
02/16(日) 15:00・約120分HITOMIホール・愛知県名古屋市
5b00nrtq
11/30(土)~02/16(日)名古屋市科学館・愛知県名古屋市