ブロードウェイ版『えんとつ町のプペル』作曲者に訊く「音楽の設計図」シリーズ【演奏あり】


このイベントは、PC・スマートフォンなどを通しオンラインでお楽しみ頂けるイベントです

開催日程

2020
6/28(日)~ 8/8(土)


場所

オンライン


承認済みイベント

Sonoligoで予約可能なイベントです


予約可能な会員

Lite

Premium


予約対象座席

参加費1500

会員様は追加料金なしで参加頂けます。


同伴可能人数

日程確認画面にてご確認ください


オンラインで楽しめる、初めての文化体験をしてみましょう。

音楽・スポーツ・アートを始めとする様々なジャンルの一線で活躍しているプロの方と交流することができます。

今まで体験したことのない文化に触れ、新しい発見をすることができます。

ZoomもしくはVimeoを用い、パソコンもしくはスマホだけで簡単に参加することができます。

参加に必要な設定を確認する

詳細


対象年齢

すべての方


主催者のこの分野の経験年数

10年以上


活動レベル

軽い


対象レベル

全ての方


交流レベル

ほとんどなし


マイクの設定

マイクオフ


カメラの設定

カメラオフ

普段何気なく耳にしている音楽の「設計図」に目を向けてみましょう。

例えばJPOPは「Aメロ→Bメロ→サビ」がとても多い。
では、それは何故なのか……?

ブロードウェイミュージカルの場合は?
ゲーム音楽、アニメソング、ジャズ、ボサノヴァは?

ジャンルごとの特徴や構成の違いが分かると、音楽を聞くことがもっと楽しくなります。

作曲や演奏をされる方にとっては実践に活かせる役に立つ内容で、
演奏つきなので初心者の方や音楽リスナーの方にとっても「解説つきコンサート」の感覚で楽しんでいただけるイベントです。

【出演者】
・Ko Tanaka アメリカ在住作曲家。NYオフブロードウェイ版『えんとつ町のプペル』(作・西野亮廣)で全編作曲を担当。
・いきくん ジャズクラリネット奏者

イベントは2人の対談形式で実演を交えながら進んでいきます。
チャットの質問にお答えするコーナーも予定しています。

【次回】第二回(7月12日)「ABAC形式」と「AABA形式」を分解して実験してみよう!
第二回からの参加ももちろん可能です!

【シリーズの内容】
第一回(6月28日)「Aメロ・Bメロ・サビ形式」と「AABA形式」の違いとは?
第二回(7月12日)「ABAC形式」と「AABA形式」を分解して実験してみよう!
第三回(8月8日)歌詞が音楽に、音楽が歌詞に与える影響とは?
第四回(未定)こんなのアリ!?「変則的」な形式いろいろ!

※内容は変更される場合があります。

Hosted by いきいき音楽科


主催者の紹介

いきいき音楽科

音楽理論、作編曲、楽曲分析、ジャズのアドリブ練習法、音感トレーニングなどなど、音楽をやっている人に向けたさまざまな情報を発信しています。

YouTubeチャンネル「いきいき音楽科」と公式サイト「いきいき音楽科ライブラリー」を中心に、主宰のいきくん(ジャズクラリネット奏者)や、第一線で活躍するプロの音楽家をゲストに迎えた動画や記事を通じて、音楽を愛する人たちがジャンルを越えて出会える場を目指しています。

【主宰】いきくん(本名:壱岐薫平)
1994年生まれ。ジャズクラリネット奏者/作編曲家。全額奨学金を得てバークリー音楽大学に留学しPerformance及びJazz Compositionを専攻。


すべての出演者


共有する

https://www.sonoligo.com/events/3456
コピー