短歌の57577って、なに?【ポッシブる!@WEB:NAGOYA】

4.0 ・ その他 ・ オンライン


開催日程

2020/11/21(土)


予約プラン


対象チケット

参加チケット
(500円相当)


イベントの紹介

「短歌とは何か」を5〜10分ほど説明したあと、57577に慣れていただくためこちらが用意した歌数首を読み、好きな歌を選んでもらいます。できれば感想も言っていただきたく考えています。
その後、作歌に挑戦していただきます。オノマトペ(ざわざわ、サーサー等)を使った歌、一つの言葉を必ず入れて作る(歌のどこかにお題の「鏡」を入れる)題詠など講義ごとに詠む歌のお題は変え、最終回はそれぞれの生活の中から歌を詠んでいただきます。
≪作歌のやり方≫
・1週間のなかで嬉しかったことと悲しかったこと等を箇条書きでもイラストでもよいので書き出してもらう。
・その中で一番自分が伝えたい単語を選びマルで囲んでもらう。
・それを使って短歌を詠んでみる。

最後にそれぞれの歌を発表し意見交換をする「歌会(うたかい)」をして終了予定です。
その後、任意でTwitterにて「#ポッシブる短歌」のタグをつけて作った歌を配信します。

短歌という文化に親しみ、自分の言葉を歌にして表現する力が身につく講座です。

【タイムスケジュール】
5分 自己紹介と短歌とは何かの説明
5分 好きな歌を選ぶ
10分 それぞれの自己紹介、好きな歌の発表、一言感想
20分 歌作りに挑戦
15分 感想発表(前の人の歌を音読し、一言感想を言う。講師もそれぞれに感想を言い、次の人へ移る)
5分 感想を言って終了

【対象者】
中高生 一般

【講師プロフィール】
立花 開(たちばな はるき)

1993年生まれ愛知県在住。
17歳から作歌を始める。
『一人、教室』で第57回角川短歌賞 最優秀賞最年少受賞。
18歳での角川短歌賞受賞は大谷雅彦、小島なおと並んで最年少タイ記録。
角川『短歌』や「短歌研究」などの短歌専門雑誌、新聞などにエッセイや作品、書評を数多く寄稿。
結社「まひる野」に所属。
「まひる野」の若手を中心に作成した同人誌「くわしんふう」の編集者。

荒子公園で行われる「梅まつり」の写真&短歌コンテストの審査員を務める。
2019年5月3日に中川文化小劇場にて行われた「詩と唄と奉祝の太鼓 円空と宮沢賢治」で合唱曲「光の色」を作詞。


詳細情報


活動レベル

軽い活動・作業


交流レベル

軽い会話


マイクの設定

どちらでも


カメラの設定

どちらでも


参加方法

オンライン体験

Zoomを通してオンラインでイベントを楽しむことができます。


必要な持ち物

  • ペン

主催者の紹介

公益財団法人 名古屋市文化振興事業団

ミッションは「文化の香り高いまちづくり」

市民文化の振興を目的とした文化事業の実施と、劇場をはじめとする文化施設の管理を行う公的な団体です。


主催者のレビュー(1)

4.0

やっとかめ文化祭 芸どころ名古屋舞台 クール・ジャパンの宝物【~日本舞踊で描く古典文学怪異譚~】

11/13 18:30

 日本舞踊の意味がよくわからず参加したのですが狂言のようでした。 以前、能を見に行った時は満席だったので前がよく見えなかったのですが 今回は一人置きに座っていたので前がよく見えました。 せりふはよく聞いていないとわからなことがあるので集中して聞いていました。 舞台というのは拍手するタイミングが難しいですね。一人拍手するのも変です。 こういうところも解説していただくともっと気楽に行けるようになると思います。


予約可能な日程

まだ予約は確定しません。

予約ページへ

11/21(土)

14:00 ~ 15:00(開場:13:30)
予約締切:11/21 13:00

Liteで予約可能

11/21(土)

16:00 ~ 17:00(開場:15:30)
予約締切:11/21 15:00

Liteで予約可能


共有する

https://www.sonoligo.com/events/4154
コピー

この出演者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示

で楽しめるイチオシのイベント

イチオシのイベントをもっと表示