連続対談「宣言!私たちがしていること、それは日本文化の民主化運動です!」西川千雅✕セバスチャン高木

アカデミアオンライン
アーカイブ動画を見る

開催日程

2021/7/15(木)


予約プラン

Lite

Premium


対象チケット

前売り
(0円相当)


予約可能な日程

7/15(木)

18:00 ~ 19:20(開場:17:50)
予約締切:7/15 18:00

同伴を含む予約可能人数

Free1
Lite2


イベントの紹介

西川流家元が今一番お話を聞きたい人。それは「和樂web」編集長・セバスチャン高木だ!
2001年から始まった小学館の女性誌「和樂」に何が起きたのか?「日本文化の民主化運動って何?」
日本文化ってこんなにポップだったの?「和樂web」から派生したウエブ、twitter、tic-tokなどに触れていると、だんだんざわざわしてくる。このざわざわ感はなんなのか?現在伝統界で一番サブカルチャーっぽい家元・西川千雅がセバスチャン高木さんに3回連続で問う必見シリーズ!

プロフィール
西川千雅(にしかわかずまさ)

日本舞踊家。約170年の歴史を持つ日本舞踊・西川流四世家元。インターナショナルスクールを経てNYのSchool of Visual Arts を卒業。舞踊の出演、指導のほか様々なプロデュース、執筆、演出を行う。75年続く「名古屋をどり」主宰、日舞エクササイズNOSSも普及。ファシリテーター型家元。
https://www.nishikawa-ryu.com
----------
セバスチャン高木

日本文化の入り口マガジン「和樂web」編集長。大学卒業後バックパッカーを2年ほど経験。テレビの制作会社を経て小学館入社。ファッション誌に7年務めた後雑誌和樂の編集に携わる。その後ウェブメディアの担当になり、現在に至る。
https://intojapanwaraku.com
----------


詳細情報


活動レベル

閲覧のみ


交流レベル

ほとんどなし


マイクの設定

マイクオフ


カメラの設定

どちらでも


参加方法

オンラインイベント

Zoomを通してオンラインでイベントを楽しむことができます。


主催

日本舞踊家、西川流四世家元

1969年三世家元・西川右近の長男として名古屋に生まれ、6歳で初舞台、15歳で名取。14年四世家元を継承。70年以上続く「名古屋をどり」を主宰。日本舞踊の公演、指導のほか、ミュージカル、歌舞伎、ドラマに出演、様々な公演やプロジェクトをプロデュースする。

2000年ハノーバー万博、2005年愛・地球博開会式出演。2010年名古屋開府400年式典一部演出。2002年よりにっぽんど真ん中祭りではチームプロデュース。愛知県「あいち戦国姫隊」岡崎市・葵武将隊をプロデュース。14より名古屋市「やっとかめ文化祭」ディレクター。2016国民文化祭総合プロデューサー。NOSS認定インストラクターを養成。

87名古屋国際学園卒 92 米国NYSchool of Visual Arts卒。
19藤田医科大学修士

名古屋外国語大学客員教授、愛知淑徳大学非常勤講師
名古屋日本舞踊協会 幹事、愛知芸術文化協会 理事

 


このイベントに関する写真


共有する

https://www.sonoligo.com/events/4635
コピー

この出演者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示

で楽しめるイチオシのイベント

イチオシのイベントをもっと表示