世田谷文学館
企画展「月に吠えよ、萩原朔太郎展」



開催日程

2022/11/2()+52日程


対象座席

一般
(900円相当)


予約可能な日程

2022/12/1()

開場10:00
開催時間10:00 ~17:30
予約締切2022/12/1()10:00

同伴を含む予約可能人数

Lite1Premium3

2022/12/2()

開場10:00
開催時間10:00 ~17:30
予約締切2022/12/2()10:00

同伴を含む予約可能人数

Lite1Premium3

2022/12/3()

開場10:00
開催時間10:00 ~17:30
予約締切2022/12/3()10:00

Lite1Premium3

2022/12/4()

開場10:00
開催時間10:00 ~17:30
予約締切2022/12/4()10:00

Lite1Premium3

発生する料金

サブスクで予約可能

「予約可能な日程」に記載のあるプランに加入が必要です。
予約時に追加料金は発生しません。


イベントの紹介

光る地面に竹が生え、…… 竹、竹、竹が生え。(「竹」『月に吠える』より)
 
日本の近代詩を代表する詩人、萩原朔太郎。教科書などを通してその詩の鮮烈なイメージとリズムに出会い、衝撃を受けた人も多いことでしょう。世田谷は朔太郎が晩年を過ごした土地です。
「人は一人一人では、いつも永久に、永久に、恐ろしい孤独である」(『月に吠える』序文より)と書いた朔太郎の詩は、世代や立場による分断が進み、気づけば一人一人が孤立を余儀なくされている現代の私たちに鋭く、強く迫ってきます。しかし朔太郎は続けて、人間同士に共通するものを発見するとき「我々はもはや永久に孤独ではない」とも書いています。生活のすべてを詩に捧げた朔太郎が、孤独の先に見たものとは—。書き遺された膨大な原稿やノートなどの資料や、朔太郎に触発された現代の作家たちによる作品を通して見ていきます。
*Sonoligoでご利用いただける参加者数を超えるご同伴者様は、お手数ですが受付にて正規の観覧料をお支払いいただきます。*2022年11月1日(火)は、萩原朔太郎生誕記念無料デーとなります。Sonoligo会員様も含め、ご来場者様全てが無料でご利用いただけます。


イベント当日の流れ

Sonoligo会員様の受付は正面玄関にある「総合受付」で行います。ご利用時間は10:00~18:00ですが、ご入館とミュージアムショップご利用は17:30までです。
駐車場はスペースが限られており公共交通機関のご利用をお願いいたします。
*感染症拡大防止のため、ご入館時にマスクの着用と検温等のご協力をお願いしております。展覧会の会期及び内容が急遽変更や中止になる場合があります。ご来館前に当館HPをご確認ください。https://www.setabun.or.jp/


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


出演者

萩原朔太郎
金井田恵津子
TOLTA
ムットーニ
松本大洋
清家雪子

このイベントに関する写真


共有する


類似のイベント