神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《1月後半》

4.810 +レビュー
エンターテイメント兵庫県神戸市


開催日程

2023/1/12()~2023/1/26()


対象座席

自由席(当日)
(1800円相当)


予約可能な日程

2023/1/12()

開場18:00
開催時間18:30~20:00
予約締切2023/1/12()18:30

同伴を含む予約可能人数

Lite1Premium2

2023/1/19()人気の回

開場18:00
開催時間18:30~20:00
予約締切2023/1/19()18:30

同伴を含む予約可能人数

Lite1Premium2

2023/1/26()

開場18:00
開催時間18:30~20:00
予約締切2023/1/26()18:30

同伴を含む予約可能人数

Lite1Premium2

発生する料金

サブスクで予約可能

「予約可能な日程」に記載のあるプランに加入が必要です。
予約時に追加料金は発生しません。


イベントの紹介

『神戸新開地・喜楽館』は、昼は上方落語の定席、朝と夜は貸館を通じて東西の落語、講談、浪曲、舞踊、音楽ライブ、ダンスなど多彩な公演をお楽しみいただける演芸場として、2018年7月11日に神戸に誕生した上方落語の定席です。かつて東の浅草、西の新開地と称された兵庫・神戸の地に定席が復活。演芸と食のまち・新開地にぜひ足をお運びください。365日昼席を好評公演中です。

喜楽館で毎週木曜に開催している『元気寄席』。
上方落語の人気者が続々登場します!ご来場お待ちしています!

開演:18時30分(開場18時)
席種:自由席(整理番号なし) 
お問い合わせ先:新開地まちづくりNPO(078-576-1218)

◆1月12日 (木)
桂 小留
桂 歌之助
笑福亭 松喬
中入
桂 枝光

◆1月19日 (木)
月亭 遊真
桂 團治郎
桂 三歩
中入
桂 吉弥

◆1月26日 (木)
桂 鹿えもん
桂 華紋
桂 一蝶
中入
桂千朝

注意事項・その他:
※ 未就学児童の入場はご遠慮ください。
※ 車椅子の方は事前にお知らせください。
神戸新開地・喜楽館にお越し下さるお客様へのお知らせとお願い(https://kobe-kirakukan.jp/news/857/

神戸新開地・喜楽館へのアクセス
・私鉄各線(神戸高速・阪神・阪急・山陽・神戸電鉄)
『新開地駅』東改札口3番出口より徒歩2分
・JR『神戸駅』より徒歩13分
・神戸市営地下鉄『湊川公園駅』より徒歩5分
・神戸電鉄『湊川駅』より徒歩5分


イベント当日の流れ

この度はご予約ありがとうございます。公演当日開場後18時から開演18時半の間に、喜楽館の入り口にてSonoligoの予約画面をご提示ください。入場時に予約人数分のチケットをお渡しします。自由席の為、同伴の方とお並びいただけない場合があります。


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


レビュー(10)

4.8

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《1月後半》

2023/1/26

今回も楽しかったです。話し技の腕の見せ所も比較でき、好み次第だと思いました。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《1月後半》

2023/1/12

四者四様の話しぶりが楽しかったです。 笑福亭松喬さんの「てれすこ」、オチまでいかないのも、また一興でした(笑)。 桂枝光さんの「芝浜」、艶やかな熱演にやられました。 また伺いたいと思います。ありがとうございました。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《1月後半》

2023/1/12

最後の演者さんの芝浜最高に良かったです。泣けました。短い時間だと思っていたのに長い時間をかけ、芝浜を聞かせていたたけるとはビックリでした。ありがとうございました。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《12月後半・1月前半》

2023/1/6

初めての寄席体験に触れられて、良かったです。館内も綺麗で、座席も見やすく前後交差して、段差もあり工夫された会場でした。演者も若手からベテランの幅があり、とても充実した時間でした。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《12月後半・1月前半》

2023/1/6

始めて行かせて頂きました、大変良かったです繁昌亭を少し小さくした感じで綺麗で、駅からも近く、帰り道居酒屋も沢山有り、又行かせて貰います、

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《12月後半・1月前半》

2023/1/6

方正さんのごぼうねた、面白かったです。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《12月後半・1月前半》

2022/12/30

終電のため、あやめさんの前、休憩で退席。 若手より年配は、間のとり方がうまい。 浅草演芸ホールには年に4〜5回行きます。それに比べると、演目が寂しい。 舞台は、広い。奥行きがある。客席もキレイ。大須演芸場も浅草演芸ホールもボロボロ。角座といい、吉本といい、関西の演芸場は美しい。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《12月前半》

2022/12/16

繁昌亭は何回かいったことがあるが、喜楽館は初めてでとてもいい劇場でよかった。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《12月前半》

2022/12/16

元気寄席には何度かお伺いさせていただき、感謝しています。 16日は演者の桂二葉さんが「第17回繁昌亭大賞」受賞した、まさに当日とのことで、会場も盛り上がっていました。 開口一番からトリまで四人四様の語りが聞けて、楽しい時間を過ごすことができます。 体験したことのない方にもお勧めしたいと思います。

神戸新開地・喜楽館
喜楽館 元気寄席《9月・10月》

2022/9/30

久しぶりに見た落語でしたが楽しくてよく笑いました。また行きたいと思います。


共有する


類似のイベント