刈谷市美術館 
new born 荒井良二 いつも しらないところへ たびするきぶんだった

5.0 ( 1+ ) 美術 / 美術館 愛知県刈谷市

開催日程

2024/4/20 +17日程


対象座席

入場料
( 1100 円相当)


予約可能な日程

2024/5/26 (日)

開催時刻 9:30 ~ 17:00 (開場 9:00)

予約締切 2024/5/26 16:00

合計予約可能人数

Premium 1

2024/5/28 (火)

開催時刻 9:30 ~ 17:00 (開場 9:00)

予約締切 2024/5/28 16:00

合計予約可能人数

Premium 1

2024/5/29 (水)

開催時刻 9:30 ~ 17:00 (開場 9:00)

予約締切 2024/5/29 16:00

合計予約可能人数

Premium 1

2024/5/30 (木)

開催時刻 9:30 ~ 17:00 (開場 9:00)

予約締切 2024/5/30 16:00

合計予約可能人数

Premium 1


発生する料金

サブスクで予約可能

「予約可能な日程」に記載のあるプランに加入が必要です。
予約時に追加料金は発生しません。


コンテンツの紹介

■展覧会名 
new born 荒井良二 いつも しらないところへ たびするきぶんだった

■内容
荒井良二(1956-)は、2005年に日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞するなど、世界的な評価を受けるアーティストです。彼の幅広い活動は、絵本だけでなく、絵画、音楽、舞台美術にまでおよびます。
本展では、絵画や絵本原画、イラストレーション、そして新作となる立体インスタレーションや愛蔵の小物たちを通して、その創作活動を紹介します。まさに旅をする時のように、先が見えない不安や恐れをも楽しみに変えてしまうような気持ちで活動の幅を広げてきた荒井良二。その旅の軌跡と現在地を語る作品たちからなる、これまでにない展示空間が、みなさんをお迎えします。
https://www.city.kariya.lg.jp/museum/exhibition/schedule/1010156.html

■会期   2024年4月20日(土)~6月15日(土)  50日間
■休館日  月曜日(4/29、5/6は開館)、5月7日(火)
■開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)
■会場   刈谷市美術館
■協力   偕成社、積水ハウス、宮本武典
■後援   愛知県教育委員会
■展覧会公式サイト https://arairyoji-nb.exhibit.jp/

画像1枚目《new born 荒井良二 チラシ》
画像1枚目《生まれたばかりの ぼくのギターの音は どこか遠くの家族のにおいがする》2024年
画像2枚目《名前の知らないわたしと誰かが聞いている》2023年
画像3枚目《山のヨーナ》より 2018年
(C)Arai Ryoji


イベント当日の流れ

閉館時間は17:00 ※入館は16時30分まで


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


レビュー ( 3 )

5.0

刈谷市美術館 
和田誠展 WADA Makoto

2023/10/13

壁いっぱいの週刊文春の表紙やポスターは素晴らしかったです。才能豊かな作品をじっくり鑑賞することができ、楽しい時間を過ごせました。

刈谷市美術館 
和田誠展 WADA Makoto

2023/9/21

素晴らしい才能の持ち主である事を再認識しました。いずれの作品も楽しく、堅苦しくなく拝見することが出来ました。 ありがとうございます。

刈谷市美術館
まるごと馬場のぼる展 描いた つくった 楽しんだ ニャゴ!

2022/9/24

馬場のぼる先生の、ほのぼのとした画風に心癒されました。 11ぴきの猫達の、猫の本能と人間っぽい考え方に「クスッ」と笑ってしまいました。 期間中に何度でも足を運びたくなる展示でした。Sonoligoを利用して、今度は平日に行ってみようと思ってます。


共有する


この主催者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示

類似のイベント