ルンデ第57回公演
福田進一 ギターリサイタル

音楽 愛知県 名古屋市

開催日程

2024/5/18


対象座席

早期申込一般
( 4000 円相当)


予約可能な日程

2024/5/18 (土)

開催時刻 15:00 ~ 17:00 (開場 14:30)

予約締切 2024/5/18 15:00

合計予約可能人数

Lite 1
Premium 2


発生する料金

サブスクで予約可能

「予約可能な日程」に記載のあるプランに加入が必要です。
予約時に追加料金は発生しません。


コンテンツの詳細

2024年 5月 18日 (土)
15時00分 開演(14時30分 開場)
会場:Halle Runde(名古屋市昭和区桜山)

1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝以後、
約40年に亘りクラシックギター界の第一人者として国内外で活躍。
また今回のルンデ公演では話題の作曲家、酒井健治氏に福田本人が委嘱した
世界初演の曲もありますのでお聴き逃しなく!

一般財団法人ルンデが開設した室内楽ホール【Halle Runde】
かつて丸の内にあったstudio RUNDEの意思を引き継ぎ
新たに立ち上がったルンデが創り出した、
最大200席の室内楽に特化したホールで
至極の時間をお楽しみください。
敷居の高く思われがちな室内楽を身近に、
気軽に楽しめるような空間をルンデと共に。

>Program------------------------------
フェルナンド・ソル
モーツァルト「魔笛」主題による変奏曲 Op.9

J.S.バッハ
シャコンヌ ニ短調 BWV1004 より

マリオ・カステルヌオーヴォ=テデスコ
「怒りの日」によるパッサカリア Op.195 No.12
〜「ゴヤによる24のカプリス」より
悪魔の奇想曲(パガニーニ賛歌)Op.85

酒井 健治
エーテル投射 (メロディア・ラビーレ II)
※福田進一委嘱作品/世界初演

マヌエル・マリア・ポンセ
スペインのフォリアによる20の変奏とフーガ

>アーティスト紹介------------------------------
福田 進一(ギター)/ Shinichi Fukuda, Guitar
1955年大阪生まれ。1981年パリ国際ギターコンクールでグランプリ優勝。以後約40年に亘り、ソロ・リサイタル、主要オーケストラとの協演、超一流ソリストとの共演を続け、ボーダーレスな音楽への姿勢は世界中のファンを魅了している。2017年からウィーン・フィル元コンサートマスター ライナー・キュッヒル氏との演奏活動を開始。
大阪音楽大学、広島エリザベト音楽大学、上海音楽院(中国)、アリカンテ大学(スペイン)各音大のギター科客員教授。東京、アレッサンドリア、ハインスベルグ、コブレンツ、全米ギター協会など、主要国際ギターコンクールの審査員を歴任。2021年に開催された「メルカリ・コンサート/ギターオーディション」では審査員長を務める。2019年11月公開の映画「マチネの終わりに」(監督:西谷弘、主演:福山雅治、原作:平野啓一郎)では、クラシックギター監修を担当した。
ディスコグラフィーは既に100タイトルを超える。2020年はフルートの工藤重典氏とのアルバム「音の旅~夜明けのセレナーデ」(マイスターミュージック)、荘村清志、福田進一、鈴木大介、大萩康司のギタリスト4名によるデュオ曲集「DUO2」(日本コロムビア)をリリース。2021年発売の「バロック・クロニクルズⅡ~異邦人」(マイスターミュージック)は好評を博した。2022年には生誕100年・没後30年を迎えるピアソラの作品集「ピアソラ・トリビュート」(マイスターミュージック)を発表。最新アルバムは2023年4月リリースの「ポンセ:スペインのフォリアによる20の変奏とフーガ~情熱と印象~」(マイスターミュージック)。また、9月には福田進一と小林道夫氏によって1993年に録音された「ポンセ:ギターとチェンバロのためのソナタ」がリマスタリングされ、30年ぶりに復刻された。
現代ギター社より、2022年「ヴァイス作品集~異邦人」、2023年5月には「スカルラッティ~ギターのための12のソナタ集」を楽譜出版。また、ネットでは福田進一 ザ・ギターレッスン」を開講。OTTAVA-TV、ぶらあぼcafeで配信、好評を得ている。
平成19年度「外務大臣表彰」受賞。平成23年度芸術選奨「文部科学大臣賞」受賞。


イベント当日の流れ

Sonoligo会員様の受付は、開場時間から当日券販売カウンターにて行います。登録画面をスタッフにお見せ下さい。途中入場は曲間のみとさせていただきます。
尚、会場駐車場は出演者関係者用ですので近くの有料駐車場に停めるか公共交通機関でお越しください。


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


施設

Halle Runde

日本、〒466-0044 愛知県名古屋市昭和区桜山町1丁目21


主催

一般財団法人ルンデ
室内楽を中心としたコンサートの主催および後援、演奏家の支援など主な活動としています。

2017年10月19日一般財団法人ルンデを設立いたしました。前身である《Studio RUNDE》は、1981年5月、当時の日本では珍しかった《室内楽専用小ホール》として名古屋丸の内でスタートし、通常160席最大でも200席というステージと客席の一体感を味わえるこのホールでは、演奏家が「今、聴かせたい音楽を」というプログラムづくり、それに果敢に挑戦する聴衆という独特な雰囲気をもった、主催公演「ルンデの会例会」は1200回以上催され大変好評を得ていましたが、2007年夏、多くの方々から惜しまれ建物の取り壊しとともに姿を消し、人々の記憶に残るのみとなってしまいました。
名古屋では主催公演を行うホールは減り、室内楽を楽しめる機会も減ってきている中、日本国内に目をむけてみれば海外の演奏家は数多く来日していますし、 日本人演奏家も精力的に演奏会を重ねています。個人的に演奏を聴く機会をもっと名古屋で増やしたい、ルンデのようなホールがあればとずっと想っていました。そんな折、ルンデ主宰の鈴木詢氏より企画・運営をしているコンサートの今後について相談があり対話を重ねていくと新しい「ルンデ」が自分達のやり方で再現できるのではないかという「想い」が「望み」に変わりました。
かつての「ルンデの会」および「ルンデあしながクラブ」の理念、活動を引き継ぎ、コンサート・演奏会の主催・後援、演奏家の支援、音楽を生涯学習の一環として活動している団体への支援を柱とし、文化および芸術の振興を目的とした活動していきます。
第一段階として室内楽専用ホールの建設を目標に、皆様からのご寄付を中心に活動していきますので、ご協力お願いいたします。


出演者

福田進一

共有する


この主催者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示

類似のイベント