Ensemble Liebeドイツ ハンブルクで活動する音楽アンサンブル
  • フォロワー3
イメージ画像
イメージ画像
Ensemble Liebe
ドイツ ハンブルクで活動する音楽アンサンブル
自己紹介

メンバー紹介

【 岡 里歌子 (ピアノ) 】
愛知県尾張旭市出身。
名古屋芸術大学器楽科ピアノコース、ドイツ・ハンブルグ音楽院にて演奏コース、および芸術演奏コース卒業。
イタリア、ドイツ各地、ハンガリーにてコンサート、マスタークラス修了選抜演奏会等にて演奏する。これまでにピアノを尾崎
なつみ、 彦坂 智子、奥村 真 、Gabriele Wulff 、Christiane・Behn-Bellmann、Prof.
Mathias Weber 室内楽をRyuichi Rainer Suzuki、Prof. Mara Mednik 、チェンバロをAnke Dennert 各氏に師事。
現在はソロ、アンサンブル、ピアノ講師として幅広く活動している。また、
日独友好の為の演奏会の企画プロデュース、学校・施設訪問コンサート等も、意欲的に行っている。ドイツ・ハンブルグ在住。

【 瀬尾 あかね (ソプラノ) 】
広島県福山市出身。愛媛大学教育学部芸術文化課程音楽文化コース卒業。岡山大学大学院教育学研究科音楽教育コース修了。
大学院在学中に文部科学省による「トビタテ!留学JAPANプログラム」の奨学生としてハンブルク音楽院で声楽を学ぶ。
大学院を卒業後、再度渡独しハンブルクで教会音楽やドイツでの歌唱教育の在り方を学び現在に至る。
これまで日本でソプラノソロリサイタルの開催、映画『見えないから見えたもの』 の挿入歌「点字のラブレター」のヴォーカルを担当、
岡山シンフォニーオーケストラと朗読劇「ピーターパン」の日本初演などを行ってきたほか、各方面で合唱や歌唱指導も担当。
ドイツでは主に教会での演奏会や日本の音楽を紹介するコンサートに出演。日本の歌のワークショップなども行っている。

【 鎌倉 ちひろ (オーボエ) 】
広島県福山市出身。くらしき作陽大学音楽学部、又専攻科を卒業後渡独。2014年よりハンブルク音楽演劇大学の大学院を卒業。
大学在学中は広島、岡山県で後進の指導や演奏活動に励む。大学院在学中は北ドイツ放送交響楽団ユースオーケストラを始め、リューネブルク歌劇場、ニューフィルハーモニーハンブルク、カメラータ ハンブルクなど様々なオーケストラに賛助出演。
現在は、オーボエ奏者として北ドイツで活動している。
これまでにピアノを高見恒代、馬屋原京子、宮夕子の各氏に、オーボエを菅付章宏、ベーアーテ•アーンデルート、ラヨシュ•レンチェスの各氏に師事。

シェアする
https://www.sonoligo.com/qskhpmtqm
コピー