野口幸太音楽をしていたい!ただそれだけ。
  • フォロワー19
イメージ画像
イメージ画像
野口幸太
音楽をしていたい!ただそれだけ。神奈川県
動画を見る
自己紹介

ピアニスト。
音楽ジャンルや、伝統的なスタイルに捉われない発想で、音楽の場創りを進めている。
ピアニストとしては、リサイタル、オペラ、各楽器とのアンサンブル、最近では電子楽器とのコラボレーションなど、ステージは多岐にわたっている。
2018年からは、鍵盤ハーモニカ奏者としてもステージに立つようになり、表現の幅を広げつつある。

また、主に子どもを対象とした音楽ワークショップの企画にも力をいれており、特別な音楽訓練を受けたことのない子どもでも、楽しみながら演奏体験ができる場作りを心がけている。
なお、20代の頃から特別支援教育に携わっている経験から、発達障害等の診断を受けた子ども達に対しても活動の場を開いている。

■学歴と主な実績
・2003年武蔵野音楽大学卒業、武蔵野音楽大学大学院修了。
・演出家恵川智美らと共に「labo opera絨毯座」結成し(2006年)、2008年公演にて、サントリー音楽財団(現芸術財団)第8回佐治敬三賞受賞。
・オペラ歌手エレナ・オブラスツォワ氏のコンサートにおいて伴奏者を務める。(2006年12月)
・2011年北海道北見市、及び同教育委員会主催の芸術等鑑賞事業の企画、制作業務を受託。
・2012〜2014年の3年に渡り、主催ソロリサイタルを行う。
・2016年主催オペラ公演を開催し、日本語字幕がなくても楽しめるオペラ「ラ・ボエーム」を上演。
・2018年「BS日本・こころの歌」に出演中の「男声FORESTA(フォレスタ)コンサート」と共演。

演奏楽器
僕のベース2018年から鍵盤ハーモニカも人前で吹くようになりました2018年から趣味ではじめました(笑)
ジャンル
クラシカルな奏法、レパートリーをベースにしつつ、少しずつ幅を広げていく!オペラ現場にいることも多かった。ミュージカル物もいいね!
所属歴
2006/12 - 現在
labo opera絨毯座

演出家恵川智美氏らと結成したオペラグループ。最新の公演は2018年3月「マハゴニー市の興亡」https://www.youtube.com/watch?v=xV13e4Sxcp8

2003/04 - 2005/03
武蔵野音楽大学大学院 ピアノ科

修士論文は山田耕筰の歌曲創作について。「歌は詩から出来ている!」を実証する試みを。これは楽しかった。

1999/04 - 2003/03
武蔵野音楽大学 ピアノ科

試験の成績は最高評価と失格ギリギリラインの低評価の間を行ったり来たり(笑)

1993/04 - 1999/03
武蔵野音楽大学附属音楽教室

中1〜中3は声楽科、高1〜ピアノ科

シェアする
https://www.sonoligo.com/wfflkzyvm
コピー