和文化探訪②「水墨」~「線は、僕を描く」の世界感をあなたにも~(体験あり)


このイベントは、PC・スマートフォンなどを通しオンラインでお楽しみ頂けるイベントです

開催日程

2020
6/21(日)~ 7/26(日)


場所

オンライン


承認済みイベント

Sonoligoで予約可能なイベントです


予約可能な会員

Premiumのみ


予約対象座席

参加費2000

会員様は追加料金なしで参加頂けます。


同伴可能人数

日程確認画面にてご確認ください


オンラインで楽しめる、初めての文化体験をしてみましょう。

音楽・スポーツ・アートを始めとする様々なジャンルの一線で活躍しているプロの方と交流することができます。

今まで体験したことのない文化に触れ、新しい発見をすることができます。

ZoomもしくはVimeoを用い、パソコンもしくはスマホだけで簡単に参加することができます。

参加に必要な設定を確認する

詳細


対象年齢

すべての方


主催者のこの分野の経験年数

4~7年


活動レベル

軽い


対象レベル

全ての方


交流レベル

軽い会話


マイクの設定

どちらでも


カメラの設定

どちらでも

昨年、「線は、僕を描く」という本がでましたが、読まれた方はいらっしゃいますか?
青年が主人公の小説ですが、お仕着せでない水墨の魅力、私をとらえて離さない水墨の魅力がそこにちゃんと描かれていてうれしくなりました☆
従来の既成概念から、古いとばかり思われてしまいがちな水墨ですが、私が目覚めたのはむしろ現代アートのその先に存在するものとして。そして今、参画している水墨国際展には毎年、欧米からNon Japaneseの作家たちが大勢出展され、素晴らしい個性あふれる作品を生み出しています。それらに触れるごとに、水墨の世界観は洋の東西問わず、現代の人々をおおらかに包み込み、いまここに、日々生きる豊かさを見出す術として広がってゆく予感がしています。
水墨の魅力を語れと言われれば、まず第一に「線」にあると私は思います。
なんども塗り重ねる油絵や水彩画と大きく異なるその線は、一発勝負の線であり、やり直しや二度書きはない。何も書いていない、白い紙に、心をまっすぐにして向かい、いまこの瞬間を描く線。
水墨が描く対象は、基本、自然です。でも、それは目の前に見える自然をただ描くのではない。
一度、自らの心に映し、そして描く。そのプロセスは、世阿弥でいう「離見の見」の感覚をおのずと養ってくれているように思います。
長谷川等伯、狩野探幽、白隠、仙厓、応挙、若沖等々、一言に水墨といっても、様々な分野、其の紡いできた歴史の長さ、人の数だけ筆運びや構図、モチーフが数え切れぬほどあり、それを描くための筆、紙、墨の選択等々、また数えきれないほどのバリエーションがあります。
基本は黒白の世界ながら、「墨に五彩あり」とは、いかなる感覚なのか?
最期には、少し一緒に筆を運ばせながら、そんな世界の入り口をご案内できれば幸いです。
ご一緒するのを楽しみにしています。
 
対象:12歳以上 定員 10名
時間:1Hour   使用言語:日本語 *英語での対応も可能です
各自用意するもの: *もしあれば
           筆ペンの場合、ぺんてる中字か太字
           または、書道具一式(墨汁でもOK)
           白い紙2~3枚


必要な持ち物

  • 筆ペンならぺんてる中字か太字あるいは書道具一式(墨汁でもOK)、白い紙2~3枚

主催者の紹介

純心(Junshin)

書画家/茶道家/華道家/ピアノ弾語り

純心道場 代表
茶道裏千家 茶名:宗純/華道池坊名 華名:宝純/ 書画雅号:純心
書画受賞歴:2018年アジア創造美術展新人賞
      2019年国際中国書法国画家協会新人奨励賞
      2020年美は国境を越えて国際公募展奨励賞 他     
*ピアノ弾き語りも致します。
Instructor; Sumi(Chacoal) Ink Drawing, traditional Japanese Tea, Ikebana(Flower Arrangement),       
Artist and Musician(piano with singing)


イベント作成者のレビュー

5.0

和文化探訪①「書」~あなたの心で自由に描く「書」の世界(体験あり)

5/5 10:30

純心先生との書画体験で心が豊かになりました。 もともと書道に苦手意識があり参加を躊躇していましたが、友人に押されて参加してみました。 参加してみると、タイトルの通り自由に文字を描くことが出来、とても楽しかったです。 純心先生はとても褒め上手で、楽しく描いて良いんだと思うことが出来ました。 そして、漢字を持つ国に生まれて良かったと初めて感じた瞬間でした。 国内外問わず、世界を舞台に活動されている純心さんのお話は大変興味深く、あっという間に時間が過ぎていきました。 アートへの知見を深めることで、仕事や人生が豊かになるのではないか、そんなことを思わせてくれる素敵な講座でした。


このイベントに
関する写真


共有する

https://www.sonoligo.com/events/3365
コピー