大道芸人と遊ぼう!新聞紙3枚でできるジャグリング講座【ポッシブる!@WEB:NAGOYA】


このイベントは、PC・スマートフォンなどを通しオンラインでお楽しみ頂けるイベントです

開催日程

2020
8/3(月)


場所

オンライン


承認済みイベント

Sonoligoで予約可能なイベントです


予約可能な会員


予約対象座席

参加チケット500

会員様は追加料金なしで参加頂けます。


同伴可能人数

日程確認画面にてご確認ください


オンラインで楽しめる、初めての文化体験をしてみましょう。

音楽・スポーツ・美術を始めとする様々なジャンルの一線で活躍しているプロの方と交流することができます。

今まで体験したことのない文化に触れ、新しい発見をすることができます。

ZoomもしくはVimeoを用い、パソコンもしくはスマホだけで簡単に参加することができます。

参加に必要な設定を確認する

詳細


対象年齢

すべての方


主催者のこの分野の経験年数

10年以上


活動レベル

普通


対象レベル

全ての方


交流レベル

ほとんどなし


マイクの設定

どちらでも


カメラの設定

どちらでも

大道芸で見たことがあるジャグリング。ミニパフォーマンスからジャグリングボールを作りレクチャーもあり。

大道芸を身近に感じられる様々な道具を使ったミニミニパフォーマンスショーと、新聞紙3枚とセロテープでジャグリングボールを作り、一緒にジャグリングを体験できる参加型の内容です。子供から大人まで楽しんでいただけます。

主に3つのコーナーで構成されます。
・大道芸の様々な道具を紹介し、それらを使用したミニミニパフォーマンスをコミュニケーション豊かにお見せするコーナー
・新聞紙3枚(画用紙でも可)とセロテープ(ビニールテープ可)を使ってジャグリングボールを一緒に作るコーナー
・1つのボールを投げてキャッチするという基礎的な動きを面白ろおかしくレクチャーをするコーナー

ジャグリングボールの製作に使用するのはどこの家庭でもある新聞紙か、広告、あるいは画用紙といった紙。製作方法は1枚の新聞紙を無造作に丸めて、自分のコブシくらいの大きさでボール状にします。セロテープで交差するように2重巻きにして完成。小さなお子さんには新聞紙半分くらいの大きさでも作れます。軽く、部屋の中でも家具を傷つけたり、怪我をすることもなく安全です。

講座の最後に、新聞紙で作ったジャグリングボールでジャグリングの基本技カスケードにチャレンジします。まるでお手玉のように1個から投げてキャッチ!を繰り返しながら、達成したら2個、3個と数を増やしていきます。
時間内に出来ても、できなくても大道芸人さんがショーでやっているようなジャグリングの初体験ができ、この講座に参加して基本的なやり方さえ覚えておけば、オフラインになってからでも親子で一緒に練習してもらえると思います。

【タイムスケジュール】  
約10分 ご挨拶と自己紹介。そしてミニミニパフォーマンスでコミュニケーションと大道芸の道具の紹介
約15分 新聞紙とテープを使ってジャグリングボール作りを一緒にします。この時に大道芸らしいトークも!
約10分 ジャグリングのテクニックをレクチャー。全員で練習します。
約5分 オフラインになってからもジャグリング3ボール達成までに秘訣を解説しながら披露します。

【対象者】 初心者  
【対象年齢】 親子 小学生 中高生 一般
小学低学年(1〜2年生)でも可能ですが、お母さん、お父さんと一緒に親子で楽しめる内容となっています。

鈴木 宏弥
【プロフィール】(スピニングマスターズ OK!ヒロヤ )
名古屋を拠点にプロの大道芸パフォーマーとして日本全国で公演活動をして芸歴21年。東京都ヘブンアーティストライセンス、ナゴヤポップアップアーティストライセンス、静岡市まち劇パフォーマーライセンス等所有。
活動場所は名古屋城、三井アウトレットパーク施設内、安城市デンパーク、ナガシマリゾート、富士急ハイランドなど。
ふくやま大道芸グランプリ、アリオ大道芸コンテスト、ラグーナパフォーマンスコンテストなど優勝多数。


必要な持ち物

  • 新聞紙3枚とビニールテープ、もしくはセロテープを事前にご用意いただけるとスムーズに進行できます。

主催者の紹介

公益財団法人 名古屋市文化振興事業団

ミッションは「文化の香り高いまちづくり」

市民文化の振興を目的とした文化事業の実施と、劇場をはじめとする文化施設の管理を行う公的な団体です。


共有する

https://www.sonoligo.com/events/3629
コピー