尾張地方における和太鼓芸能の実演と和太鼓の歴史・基礎レクチャー【ポッシブる!@WEB:NAGOYA】


開催日程

2020
8/11(火)~ 8/14(金)


場所

オンライン


同伴

予約ページで確認


イベント

予約可能なイベントです


予約可能な会員


定価チケット価格

参加チケット500

会員様はこの料金は発生せず、月額料金だけで参加できます。


予約可能な日程

まだ予約は確定しません。

予約ページへ

8/11(火)

14:00 ~ 14:40(開場:13:30)
予約締切:8/11 13:00

Liteで予約可能

8/14(金)

14:00 ~ 14:40(開場:13:30)
予約締切:8/14 13:00

Liteで予約可能

参加方法

オンライン体験

Zoomを通してオンラインでイベントを楽しむことができます。


詳細


対象年齢

詳細をご覧ください


経験年数

10年以上


活動レベル

普通


対象レベル

全ての方


交流レベル

軽い会話


マイクの設定

どちらでも


カメラの設定

どちらでも

尾張地方における和太鼓芸能の魅力をお伝えします!
太鼓芸能の実演・説明と自宅で可能なバチさばきをレクチャーします! 

※事前に手作りバチの作成をお願いします。
https://ameblo.jp/kazu-wakayama-blog/entry-12607288070.html

【タイムスケジュール】
14:00〜日本の和太鼓の歴史とその特徴
14:10〜尾張地方の神楽太鼓の実演と説明
14:20〜基本のバチの持ち方・腕の使い方
    →太鼓の大きさや楽器の種類に応じての持ち方・腕の使い方をレクチャー
14:30〜課題曲(伝統芸能曲)の基礎リズムとバチさばきをレクチャー
14:40 終了

【対象者】
幼児 親子 小学生 中高生 一般

【講師プロフィール】
若山 和之(大治太鼓尾張一座)

【大治太鼓尾張一座】
今から三百年程前、江戸時代後期の頃から尾張地方、ことに愛知県海部郡(あまぐん)には、神社の祭礼(さいれい)に五穀豊穣(ごこくほうじょう)と住民の安全を願って、金色(こんじき)に輝く屋形神楽(やかたかぐら)を引き出し、勇壮に太鼓を打ならし村々を引き廻(まわ)る風習が伝えられています。その時打ち鳴らす太鼓を『神楽太鼓(かぐらだいこ)』と言います。
 それを基(もと)に尾張の太鼓の名手達が桧(ひのき)のバチを両手に、車輪のように回転させたり、飛ばしたりしながら打つ打法を編み出しました。この打法が現在の大治太鼓のルーツとなっております。
創作演奏においては、この曲芸性を誇る尾張地方の打法に大江戸助六流そして大太鼓奏法を融合させ、和太鼓ファンのみならず幅広いジャンル・年代の方からご支持をいただいています。
そして国内外にて、日本・尾張(おわり)の古き良き伝統を伝え、また伝統の再構築(さいこうちく)を目指し日々精進しております。

https://owariichiza.com 


必要な持ち物

  • 手作りバチ

主催者の紹介

公益財団法人 名古屋市文化振興事業団

ミッションは「文化の香り高いまちづくり」

市民文化の振興を目的とした文化事業の実施と、劇場をはじめとする文化施設の管理を行う公的な団体です。


共有する

https://www.sonoligo.com/events/3665
コピー

この出演者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示