舞台演出とサイコロジー【ポッシブる!@WEB:NAGOYA】


開催日程

2020/9/26(土)


場所

オンライン


同伴

予約ページで確認


イベント

予約可能なイベントです


予約可能な会員

Lite

Premium


定価チケット価格

参加チケット500

会員様はこの料金は発生せず、月額料金だけで参加できます。


予約可能な日程

まだ予約は確定しません。

予約ページへ

9/19(土)

16:00 ~ 17:00(開場:15:30)
予約締切:9/19 15:00

Liteで予約可能

9/26(土)

16:00 ~ 17:00(開場:15:30)
予約締切:9/26 15:00

Liteで予約可能

参加方法

オンライン体験

Zoomを通してオンラインでイベントを楽しむことができます。


詳細


対象年齢

詳細をご覧ください


経験年数

10年以上


活動レベル

普通


対象レベル

全ての方


交流レベル

軽い会話


マイクの設定

どちらでも


カメラの設定

どちらでも

舞台の演出を心理学から眺めてみよう。

「演出」とは何か?
拙者は心理学に少々従事していますが、心理学から「演出」を読み解くとどうなるのか?
人と人との距離、向き。
台詞に対する反応。
目線。
そしてアフォーダンス(聞いたことないかもしれないけど)。
ちょっと違った視点から「演出」を眺めてみると、新しい発見があるかも。 

【対象者】 中高生、一般 

【タイムスケジュール】
自己紹介:5分
演出と心理学の知見の紹介:10分
ディスカッション:45分

【プロフィール】
加藤 智宏

名古屋市出身。1962年生まれ。20代にMOVEという演劇ユニットを始める。1989年
世界デザイン博覧会のユニーパビリオンにパフォーマーとして参加。1990年に飲
食店バー・パーキーパットを開店し演劇活動を休止する。2005年、KUDAN
project『百人芝居 真夜中の弥次さん喜多さん』参加をきっかけに演劇活動を
再開。主に県外劇団の名古屋制作を手伝う。2011年に一回だけのつもりで立ち上
げたperky pat presents『ロストゲーム』(作:北村想)をきっかけに演出活動
に入る。2014年~2019年、吹上『新世界』スタヂオ開設。2016年からは円頓寺
Les Piliers(えんどうじレピリエ)を拠点として創作活動を行い、表現の場を
提供している。また、俳優を対象とした、朗読(ROHDOKU camp)や落語(ナゴヤ
はいゆう寄席)を企画開催。その傍ら心理学講師を大学にて務める(非常勤とし
て愛知淑徳大学:2002年~現在、名古屋学院大学:2004年~現在)。


主催者の紹介

公益財団法人 名古屋市文化振興事業団

ミッションは「文化の香り高いまちづくり」

市民文化の振興を目的とした文化事業の実施と、劇場をはじめとする文化施設の管理を行う公的な団体です。


共有する

https://www.sonoligo.com/events/3798
コピー

この出演者の過去のイベント

過去のイベントをもっと表示