演出家×音楽家「物語の解釈」シリーズ ”障子の国のティンカーベル”

5.0(10+)音楽オンライン


開催日程

2021/2/27(土)


予約プラン


対象チケット

一般
(5000円相当)


イベントの紹介

NYにてミュージカル・舞台作品などを手がける劇伴作曲家の視点から、「物語の解釈」を解説するシリーズ。

連続開催!2週間かけて”物語の解釈”から”ピアノスケッチ解剖”へと移ります。

誰もが知っている物語から複雑怪奇なオモシロ本まで。第三弾はゲストに渡部剛己氏をお迎えして、野田秀樹作の”障子の国のティンカーベル”について二回連続で解説します。

【1回目:物語解釈シリーズ”障子の国のティンカーベル”】
2月27日 (土) 22時〜

・”ティンクは三日三晩泣きました。けれど四日目には笑った。”
・台本にみる”言葉遊び” 物語の解釈
・演出家にきく演出プランの立て方
・歌詞が確定されている上での音楽プラン

演出家・渡部剛己氏による台本解説
長年タッグを組んだ演出家×音楽家による異色の解説イベントです。

障子の国のティンカーベル
http://watabe-gouki.net/20191222syoujinokuninotinkerbell/
https://www.youtube.com/watch?v=EjZbHF1A_eA&feature=youtu.be

渡部剛己氏
体現帝国主宰。超演出家。
1987年生まれ、愛知県出身。アトリエPolarisを拠点とする。
2008年-2012年 [体現帝国]を主宰。演出を担当。
2012年-2016年 [演劇実験室◉万有引力]に所属。
2017年より体現帝国を再開。
集団の力に重点を置き、観客の想像力を鍵に舞台芸術でしか創造できない世界を制作する。
未曾有の演劇を立ち上げていくことで、劇に関わる人の人生を変えていく。
利賀演劇人コンクール2016 優秀演出家賞 二席 受賞
体現帝国 http://watabe-gouki.net/taigenteikoku/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
*予告*
【2回目:ピアノスケッチ解剖”障子の国のティンカーベル”】
3月6日 (土) 22時〜(別途ページにてご予約ください)

・屈指の難易度だった作曲 ”妖精の国・南半球”
・世界を破壊しない歌
・キャラクターのことを想って泣けるか
・制約は推進力


詳細情報


活動レベル

閲覧のみ


交流レベル

ほとんどなし


マイクの設定

どちらでも


カメラの設定

どちらでも


参加方法

オンライン体験

Zoomを通してオンラインでイベントを楽しむことができます。


主催者の紹介

Ko Tanaka

ミュージカル作曲家

NY在住 バークリー音楽大学卒業
代表作:NYオフブロードウェイ版ミュージカル"Poupelle of Chimney Town(えんとつ町のプペル)"など
全米演劇著作者組合(Dramatist Guild of America)ファーストクラスメンバー
ミュージカル・舞台作曲家として日米において活動するかたわら、アメリカ、カナダ、イギリス、ドイツ、ブラジル、韓国などで開催されている大型音楽ソフトウェア展示会IMSTA でのマスタークラス講師を担当するなど、親しみやすい語り口調での本格音楽解説が人気を博している


主催者のレビュー(15)

5.0

ピアノスケッチ解剖”障子の国のティンカーベル”

3/6 22:00

とても興味深い内容でした。普段なかなか聞けないようなお話をして下さり楽しかったです。ピアノスケッチによってメロディ、ベース、コード、対旋律など輪郭がはっきりすることが分かりました。作曲する時の細かい工夫を知ることができましたし、特に要望や制約がある中で作る職人技に感動しました。曲自体がとても素敵でした。ありがとうございました。

『オーケストラ徹底解剖』 ”オケ譜を読む”

2/6 22:00

オケ譜では実際にどの楽器が鳴っているか一目瞭然であること、また指揮者が移調楽器について頭の中で実音に変換する大変さを改めて感じました。金管楽器が調号でなく臨時記号で記すことや「コンデンス譜」という言い方も初めて知ることができ大変勉強になりました。 いつも分かりやすく楽しい講座をありがとうございます。

『オーケストラ徹底解剖』 ”オケ譜を読む”

2/6 22:00

オーケストラの譜面を理解しながら読めたことはありませんでしたが、読めなかった理由があっという間に解決しました。 前提として知っておくべき事柄が多いことを学び、音楽の奥深さを知ることができました。 また、譜面の楽しみ方も教えていただけたので、これから多くの譜面に触れていきます。

『音楽の聴き方』”低音’”編

1/16 22:00

いつも素敵な体験をありがとうございます。 低音にそもそも聴き方があったこと自体驚きました。 まあ、聴き方にも種類があり、捉え方も感性を頼る必要があるのですね。 音楽は知れば知るほど、触れれば触れるほど、知らないことや新しい発見があるのだなと、改めて感じさせていただきました。 次回の体験も、楽しみにしております♪

作曲の秘密道具”ピアノスケッチ”の作り方(リアルタイム実践)

1/3 22:00

イベントに参加する前に簡単に自身でピアノスケッチをやってみましたが、 これほどまでに創意工夫や考えられることがあるのか、と改めて創作意欲が沸きあがる非常に素晴らしい内容でした。

作曲の秘密道具”ピアノスケッチ”の作り方(リアルタイム実践)

1/3 22:00

ピアノスケッチで曲が作られていく過程を見るなかで、自身の作品にも活かせそうな事が沢山あり、楽しい時間でした!

作曲の秘密道具”ピアノスケッチ”の作り方(リアルタイム実践)

1/3 22:00

1時間が一瞬で終わってしまいました。 作曲をするにあたってどのような順序で曲ができていくのかの過程を、1時間に渡って見て・聴いて・感じとることができました。 なにを前提に音楽を作り始めるのか、スタートする前に完成形をイメージしておくことの大切さも身にしみて知りました。 最初の段階で大雑把に全体像をつくることで、全体の8割(これは私の感覚です)ができあがり、最終的には自分が培ってきた感性が曲を仕上げていく、そんな感覚を得ることができました。 素敵な1時間をありがとうございました!!!

演出家×音楽家「物語の解釈」シリーズ ”しっぽをつかまれた欲望”

12/16 22:00

わかりにくいことを表現するために、複数人でアイデアを出したり話を進めていくことの重要性に気づけました。 参加できて良かったです!

デジタルオーケストレーション徹底解剖

12/5 22:00

プロの方のdawでのオーケストレーションの作り方を見れて、とても勉強になりました!

デジタルオーケストレーション徹底解剖

12/5 22:00

昨日はとても深い内容のイベントをありがとうございました。アーカイブで何度も見られるようにしていただけると嬉しいです。また次のイベントを楽しみにしています

デジタルオーケストレーション徹底解剖

12/5 22:00

とても面白かったです。オーケストレーション・スケッチともに、継続的に講座をしていただきたいです。

デジタルオーケストレーション徹底解剖

12/5 22:00

オーケストラができるまで、どんどん音が増えていく様子が見えて、非常に面白くて勉強になりました。 神様的な天才が作っているのかと思いましたが、ギリ人間技だなと思いました。

デジタルオーケストレーション徹底解剖

12/5 22:00

オーケストレーションとは何かも分からず参加させていただきました。 たったの1時間で、オーケストレーションの意味や、オーケストレーションの裏にある大切なピアノスケッチの存在も知ることができました。 あまりにも内容が濃すぎてお腹がいっぱいです 笑 大変勉強になりました!!

音楽家による「物語の解釈」シリーズ ”走れメロス”

11/27 22:00

小さな頃から知っている物語に音楽がついていく過程を知ることができ、とてもワクワクするイベントでした。 走れメロスを再度読みたくなりました。

音楽家による「物語の解釈」シリーズ ”走れメロス”

11/27 22:00

単純に、文学書や読書をするのが楽しみになりました! 文学に関わらず、表現をするものすべては音楽に変換できるのだなと感じることができました。 最高です!!


予約可能な日程

2/27(土)人気の回

22:00 ~ 23:00(開場:22:00)
予約締切:2/27 22:00

Liteで予約可能


共有する

https://www.sonoligo.com/events/4460
コピー

で楽しめるイチオシのイベント

イチオシのイベントをもっと表示