山本能楽堂
釈徹宗×山本章弘 能からみた日本の宗教vol.1「雷電」

5.0
伝統芸能大阪府大阪市紹介動画


開催日程

2022/7/3()


対象座席

当日券
(4000円相当)


予約可能な日程

2022/7/3()

14:00 ~ 16:00(開場:13:30)
予約締切:7/3 14:00

同伴を含む予約可能人数


イベントの紹介

能は、寺社文化圏や唱導と関わりつつ、多くの作品を生み出してきました。
室町時代、足利将軍家にも深く浸透し、武家層の中に宗教文化として深く享受され能。
宗教学者釈徹宗先生と共に、能と宗教との関わりについて考えます。

【雷電】
前シテ(菅丞相/菅原道真の霊)山本章弘
後シテ(雷神)   〃
ワキ(法性坊) 福王知登
ワキツレ(従僧)  喜多雅人
アイ(能力)善竹隆司
笛     貞光智宣 
小 鼓   吉阪一郎 
大 鼓   谷口正壽
太鼓    前川光範
後 見 梅若基徳 河村浩太郎
地 謡 杉浦豊彦 吉井基晴  笠田祐樹  山本麗晃

【あらすじ】
ある夜、比叡山の延暦寺の僧、法性坊が天下のため護摩供養をしていると、菅丞相の霊が現れます。生前、法性坊は菅丞相の師であり、二人は再会を喜びますが、菅丞相は「自分は冤罪で左遷され死んだので、雷となって内裏に行き恨みをはらそうと思う」と述べます。そして「その時に朝廷が悪霊退散のために法性坊を勅命しても、その命に従わないでほしい」と願います。しかし、法性坊が「比叡山は天皇の祈願所であるため、三度勅使が来たら断ることができない」と答えます。それを聞いた菅丞相の霊は、本尊の前に供えてあったざくろを噛み砕き、寺の戸に吐きかけ、火焔となって燃え上がります。法性坊が法力で消し止めますが、菅丞相の霊は走り去っていきます。
やがて、法性坊が三度目の勅令により、内裏に召され祈祷をおこなうと、雷神となった菅丞相の怨霊が内裏の中を暴れまわり、法性坊の法力と対決します。しかし、法性坊の法力に屈し、最後は朝廷から「天満大自在天神」の神号を与えられ、黒雲に乗り虚空へと去って行きます。
「太平記」、「北野天神縁起絵巻」などを題材に、菅原道真が大宰府に左遷され憤死し、死後雷となって内裏に祟ったという逸話から能「雷電」はつくられ、文楽や歌舞伎の『菅原伝授手習鑑』に大きな影響をあたえました。

■山本章弘 
観世流能楽師。重要無形文化財保持者総合指定保持者。
公益財団法人 山本能楽堂 代表理事。
山本能楽堂を中心に、能を「現代に生きる魅力的な芸能」として捉えなおし、様々な角度からの能の普及と継承に努める。「Noh for SDGs」の活動を通して、日本の伝統芸能の力で持続可能な社会の実現を目指す活動を続けている。

■釈徹宗
相愛大学学長。宗教学者。浄土真宗本願寺派如来寺住職。NPO法人リライフ代表。宗教思想や宗教文化の領域において、比較研究や学際研究を行っている。
論文「不干斎ハピアン論」で涙骨賞(第五回)、著書『落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する』で河合隼雄学芸賞(第五回)、また仏教伝道文化・沼田奨励賞(第五十一回)を受賞している。近著に『観無量寿経をひらく』(NHK出版社)、『天才 富永仲基』(新潮新書)など。

山本能楽堂HP http://noh-theater.com/


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


必要な持ち物

  • マスク

出演者

山本章弘
釈徹宗

レビュー(2)

5.0

山本能楽堂 とくい能「巴(ともえ)」

2022/3/20

能楽はとても敷居が高く、このような機会がなければ多分一生知らぬままに終わってしまうところでした。また観たい、今度はどんな風に感じるか確かめたいと思っています。演目の前のお話は初心者にとっては有り難かったですし、後のトークも面白いだけでなく能の懐の広さを感じました。

山本能楽堂「神男女狂鬼(しんなんにょきょうき)」

2022/2/5

初めて能を観ました。 公演前に能楽師さんからの説明もあり、詳細が書かれた説明の紙もいただき、字幕もあったので初心者でもわかりやすかったです。


共有する


で楽しめるイチオシのイベント

イチオシのイベントをもっと表示