神戸市室内管弦楽団
バッハ、ブラジルへ行く。フランスにもアメリカにも。そして、神戸。

5.0
音楽兵庫県神戸市紹介動画


開催日程

2022/7/9()


対象座席

S席
(4000円相当)


予約可能な日程

2022/7/9() 人気の回

15:00 ~ 17:00(開場:14:15)
予約締切:7/9 15:00

同伴を含む予約可能人数


イベントの紹介

2022年7月9日(土)開場14:15 開演15:00
第154回定期演奏会「バッハ、ブラジルへ行く」

クラリス・アサド:低い方の弦楽器のための組曲(日本初演)
ヴィラ=ロボス:クァルテット・シンボリコ~フルート、アルト・サクソフォン、ハープ、チェレスタと女声のための~
ヴィラ=ロボス:ブラジル風バッハ第4番 より「前奏曲」
ヴィラ=ロボス:サクソフォン、3本のホルンと弦楽のためのファンタジア W490
J.S.バッハ:管弦楽組曲 第3番 ニ長調 BWV 1068

【会場】神戸文化ホール 大ホール

サヴァンナ・フィルハーモニック(米国)の音楽監督を務め、日本中のオーケストラに客演する、今をときめく指揮者、原田慶太楼が神戸に登場。グラミー賞ノミネート作曲家でもあるクラリス・アサドがバッハの名曲を下地に最高に楽しくアレンジした音楽。ブラジルの郷愁や神秘性、ラテンのノリが全面に出たヴィラ=ロボスの作品たち。そして最後は「G線上のアリア」でも有名なバッハの管弦楽組曲第3番。「バッハ」「ブラジル」「フランス」と盛沢山のテーマでお送りします。また重要な役割を担うサクソフォンには東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターでもある田中靖人が登場。間違いなく楽しいクラシックコンサートです。

【指揮】 原田慶太楼
【サクソフォン】 田中靖人
【女性合唱】神戸市混声合唱団 より
 〈ソプラノ〉奥田愛 杉浦希未 田中めぐみ 端山梨奈
 〈アルト〉高原いつか 益田早織 村井優美 山田愛子
【管弦楽】神戸市室内管弦楽団

※出演者、プログラムを変更する場合があります。
※未就学児の入場はご遠慮ください。
※本公演は座席の間隔を空けずに販売しています。
※同伴者の方にはできるだけ隣り合った席をご提供しますが、予約状況により離れた席になる場合もあります。


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


主催

当財団は、神戸市民の文化活動の振興に資する事業を行い、 個性豊かな魅力ある神戸文化の創造に寄与することを目的としています。


出演者

神戸市室内管弦楽団
原田慶太楼
田中靖人
神戸市混声合唱団

レビュー(1)

5.0

モーツァルト最高のオペラ 恋愛ドタバタ劇 “コジ・ファン・トゥッテ” 神戸市室内管弦楽団

2022/2/26

オペラの公演に初めて行きました。 まず歌手の方のホール中に広がる声量に驚きました! 演奏も素晴らしく、語りの方も盛り上げ上手で、2時間半があっという間でした。 最後、指揮の方がモーツァルトのウィッグを被って出てこられ、お茶目なパフォーマンスが最高でした。


共有する


で楽しめるイチオシのイベント

イチオシのイベントをもっと表示