山本能楽堂
日本全国能楽キャラバン!能で巡る大阪「梅」- 浪速高津宮(高津神社)

4.610 +レビュー
伝統芸能大阪府大阪市


開催日程

2022/12/10()


対象座席

一般
(4000円相当)


予約可能な日程

2022/12/10()人気の回

開場13:30
開催時間14:00~16:00
予約締切2022/12/10()14:00

同伴を含む予約可能人数

Premium1


発生する料金

サブスクで予約可能

「予約可能な日程」に記載のあるプランに加入が必要です。
予約時に追加料金は発生しません。


イベントの紹介

能楽のルーツは関西にあると言われており、大阪を舞台にした演目が多数つくられ、今なお演じられ続けています。
「能で巡る大阪」公演では、能の演目に所縁のある大阪の神社関係者の方や歴史学者の方をお招きし、その神社にまつわる話や能との関りを対談形式でお話していただき、所縁のある能の演目を上演します。
今回、ご登壇頂く神社は、大阪市内でも人気が高く、地元の皆様からも愛されている神社です。しかしながら、能の舞台になっていたり、能に所縁があることはあまり知られていません。
お住いのすぐ近くや、これまでに行ったことがある、あるいは知っている歴史的な史跡を知り、学び、楽しむことで、その地域や縁のある能をさらに身近に感じていただきます。
終演後は、客席からの質疑応答にお答えします。

対談:小谷真功(高津神社)× 山本章弘

【芦刈】

前シテ(里女)    上野朝義
後シテ(梅の精)    〃
ワキ(藤原何某)   広谷和夫
ワキツレ(従者たち) 喜多雅人 矢野昌平
アイ(難波の里人)  山下守之

笛  赤井啓三 
小鼓 飯田清一 
大鼓 辻芳昭
後見 梅若猶義 生一知哉 大西礼久
地謡 山本章弘 波多野晋 上野雄三 吉井基晴 上野朝彦

【あらすじ】

季節は春。都の五条あたりに住む藤原何某なにがし(ワキ)は、従者(ワキツレ)を連れて難なに波わ津づ(古代の大阪湾)を訪れます。藤原は難波津の風景を見て、『万まん葉よう集しゅう』の時代の歌人、大伴家持おおとものやかもちの「桜花さくらばな今盛りなり難波の海おし照る宮に聞きこし召すなへ(桜が満開の今、難波の海に輝く宮殿におられる天皇の治世はますます栄えていく)」という和歌を口ずさみます。すると里の女(前シテ)が「どうして本当の歌を詠わないのか」と声を掛けてきました。女は、この歌に詠まれる「桜花」は実は「梅花」であると言い、そのわけを説明します。女の言葉に納得した藤原は、さらに和歌の理ことわりを聞かせるように頼みます。女は月が出る頃に現れようと言い残し、梅の木蔭に姿を消しました。
難波の里の男(アイ)が現れ、藤原に難波津の梅の由来を語り、さらなる奇特を待つように促して立ち去ります。月が難波津を照らす、ゆったりとした夜。梅の精(後シテ)が現れます。精は、梅が「うま(立派である、優れている)」が訛って「うめ」と呼ばれたこと、神代から神事・仏事や宮中の様々な行事に梅が用いられていることを語り舞い、さらにしっとりと優美な舞を見せます。やがて夜が明け初め、精は御代の久しい繁栄を寿ぐのでした。

【 浪速高津宮(高津神社)】  大阪市中央区高津1丁目1番29号

浪速の地を皇都(高津宮)と定められて大阪隆昌の基を築かれた仁徳天皇を王神と仰ぐ神社。貞観8年(899)、清和天皇の勅令によって難波高津宮の遺跡が探され、あったと定められた地に仁徳天皇を祀る社が建立されたのが始まりとされている。700年後、正親町天皇の天正11年(1583)、豊臣秀吉が大坂城を建城した際にご神体を現在地に移すが、第二次世界大戦時の大阪大空襲で神社は全焼。現在の社殿は、戦後に再建されたものである。

都合により、変更になる可能性があります。山本能楽堂ホームページでご確認ください。
山本能楽堂HP http://www.noh-theater.com/


イベント当日の流れ

未就学児の入場不可。
駐車場はございません。近隣のコインパーキングをご利用ください。
「新型コロナウイルス感染症への対応について」をご覧の上、ご来場ください。
http://www.noh-theater.com/about-covid19.html


参加方法

リアルイベント

実際に会場に足を運び、イベントに参加します。


必要な持ち物

  • マスク

出演者

上野朝義
小谷真功
山本章弘

レビュー(15)

4.6

山本能楽堂
日本全国能楽キャラバン!能で巡る大阪「雷電」- 大阪天満宮

2023/1/29

とても良い内容でした。一緒に行った相手は能を観るのが初めてでしたが、事前事後の説明や資料等がとても充実していた事もあり、能に興味を持ってくれたようです。また機会があれば参加したいです。

山本能楽堂
日本全国能楽キャラバン!能で巡る大阪「雷電」- 大阪天満宮

2023/1/29

大変楽しかったです。 有難うございました🙇‍♀️

山本能楽堂
初心者のための上方伝統芸能ナイト

2023/1/14

初心者向けとわかってはいたものの、あの内容では能「花月」の話の筋も、能の魅力も伝わらない。初心者向けなのであれば、内容を解説した上で演じる等の工夫をしていただきたい。 このままのやり方でこのプログラムを続けるのであれば、二度と行かないと思います。

山本能楽堂
とくい能「田村」

2023/1/22

配布資料やMCの方による説明を通して、あらすじを頭に入れてから鑑賞することで、理解が深まりました。 逆に予備知識なしだと、そこまで入り込めなかったと思います。 アフタートークでは、伝統芸能を守る厳しさなども知ることができて、ためになりました。 敷居が高いと思われる能を、身近なイベントとして提供いただいたことに感謝です。

山本能楽堂
とくい能「田村」

2023/1/22

能はイヤフォンガイドがない場合が多いですが、今回の公演は解説が入ることで分かりやすく物語により没入することができました。 また、客席と舞台との距離が近く独特の緊張感があり演目に集中できとても有意義な時間を過ごさせていただきました。 また、アフタートークでは、緊張感のある雰囲気ががらっとかわり、終始柔らかな雰囲気の中、能の歴史や興味深いお話を聴くことができ楽しませていただきました。 外国公演で行ったという、新作能「オルフェウス」は興味深く、いつか鑑賞の機会ができると嬉しく思います。 本日は、素敵な時間をありがとうございました。

山本能楽堂
とくい能「田村」

2023/1/22

舞台は素晴らしく、後のトークも楽しめました。外国人の方用に英語の資料があれば良いかと思いました。

山本能楽堂
初心者のための上方伝統芸能ナイト

2023/1/14

桂春蝶さんと出演者の方々とのかけあいが楽しかったです。 このような機会は初めてでしたが、古典芸能に親近感がわきました。 会場はほぼ満席。 開場時間前にすでに並んでおられる方も多く、観客の熱の高さも感じられました。

山本能楽堂
初心者のための上方伝統芸能ナイト

2023/1/14

短時間でしたが上方芸能の入口を知るには素晴らしいイベントでした。 大変満足しました。 ありがとうございました。

山本能楽堂
初心者のための上方伝統芸能ナイト

2023/1/14

上方芸能を体験できた。

山本能楽堂
日本全国能楽キャラバン!能で巡る大阪「鉄輪」- 安倍晴明神社

2023/1/9

初めての能の体験、よかったです。

山本能楽堂
日本全国能楽キャラバン!能で巡る大阪「梅」- 浪速高津宮(高津神社)

2022/12/10

色々なところとコラボして伝統芸能全体を盛り上げる試みに今後も期待します根塊の。高津神社宮司さんのお話も楽しかったです。

山本能楽堂
日本全国能楽キャラバン!能で巡る大阪「芦刈」-田蓑神社

2022/10/30

初めての能鑑賞。能舞台も素晴らしかったです!能自体は私には難しかったですが、また参加したいです。

山本能楽堂
初心者のための上方伝統芸能ナイト

2022/10/15

 最初の説明にもありましたように、「全く初めてのものを、いきなり高額出して長時間」、というのは抵抗があるので、こういう取り組みを増やしていただくと、裾野が広がると思います。    山本能楽堂には初めて伺いましたが、とてもきれいですし、非常に近距離から舞台を観ることが出来て、細部まで見ることができ、本当に楽しめました。  どうもありがとうございます。  

山本能楽堂 とくい能「巴(ともえ)」

2022/3/20

能楽はとても敷居が高く、このような機会がなければ多分一生知らぬままに終わってしまうところでした。また観たい、今度はどんな風に感じるか確かめたいと思っています。演目の前のお話は初心者にとっては有り難かったですし、後のトークも面白いだけでなく能の懐の広さを感じました。

山本能楽堂「神男女狂鬼(しんなんにょきょうき)」

2022/2/5

初めて能を観ました。 公演前に能楽師さんからの説明もあり、詳細が書かれた説明の紙もいただき、字幕もあったので初心者でもわかりやすかったです。


共有する


類似のイベント